気ままにつぶやき ゆるりとフラフラと 空を歩く    
by sora-arukumono
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
検索
ライフログ
以前の記事
見上げた空
駅を降りた

会社へと向かう道

橋を渡り 人の波をぬける


空は淡く うすく しずかにひろがる。 そんな蒼


冬の空にありそうな、 暗い感じの雲もひろがる


陽はでているものの 風はつめたく でも やさしく 吹いていた


なぜだか 従弟 を思い出した。 

彼もこんな風にそらをみあげているのだろぅか。。


カメラを手に歩いている人がいた

遠くの景色をスケッチしている人がいた


この向かう先には何が待っているのか、

どこか遠くで感じていたのかもしれない


ヘッドフォンをはずすと 静かな空気の流れが抜けていく


一つ 大きく息を吐いて


思考をすこし はずす。


そしてまたそらを見上げてみた。


そんな時間がたまらなく新鮮で、 同時に懐かしくもあって、


なぜだか 少し 寂しくもなった。



見上げた空に いってくるよ と声をかけ。


一歩 ふみこんでゆく そんな気がした。
[PR]
by sora-arukumono | 2009-01-24 10:04 | 日記
<< 世の中 おはようございます。。。 >>