気ままにつぶやき ゆるりとフラフラと 空を歩く    
by sora-arukumono
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
検索
ライフログ
以前の記事
芸術
先日音楽家である親戚の公演にいってきました。

・・。なんだろね。 芸術家。 っつーのかな、 あーちすと?


は、 卑怯です。 笑


感性や、感覚、。 みたいなもの。 流石なんですけど。。


なにかな。 ある意味正解のない世界。 不完全さがおりなす世界
感覚 や 直感。 目に見えないモノをとりこむ意識。

それら、ある意味不特定多数をとりまとめて

”はい。これが完成です” って、 取り上げてしまうのですもの。


人は、何かにつけ、そこに意味をもとめてしまう生き物であると思うのです。

そこにある意味、 何かすることの意味、 しないことの意味。
動きの意味、 動かない意味。 話した言葉の意味。 などなど。。

意味のないものへも、何か理由がほしくて、 意味を探し求める。

そこに 何か があってほしい、あるはずだと思う。 考える。


けれど、 何も意味がないもの も あることは確かで、。

その、意味がないもの を まとめて カタチあるものとして、
意味がないもの そのものを 意味のある完成されたものとして、

ぐわっ っと 大きくまとめてとりあげてしまう。


本来意味のないモノを完成されたものと言われた方は、
その意味を探す。 自分にはわからないと考える。
これはきっとこんな意味が込められているんだと思考する。

意味なんて ないんだとは 思わない。  それは完成されたモノだから。


意味ないものだと思うのだよ。 感覚だもの。 なんとなくだもの。

ただ、それが 感性であり、完成であるのだもの。




なんて、考えることも また、 正しいことでも、正しくないことでもない。


人の生き死に。 輪廻のように。

くるくるくるくる。 


だからこそ 芸術なのか。    なんて。
[PR]
by sora-arukumono | 2009-02-02 22:59 | 日記
<< 枝葉 夢にでるひと >>