気ままにつぶやき ゆるりとフラフラと 空を歩く    
by sora-arukumono
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
検索
ライフログ
以前の記事
枝葉
いつしか、どこかで書いていると思ったけれど。

再び。三たび。



他人と自分とはちがう。

他人と他人もまたちがう。


人と人との関わりの中で、

共に歩む人、 交わらない人、 離れる人。
走る人、 たまに会う人。 尊敬する人、しない人。
たくさんの関係性が生まれて、
たくさんの関わりができてくる。

当たり前な不思議さ。

そんな関わりは 関わりの深さは どんなところで決まるのか。

なんて考えてみたとき。


僕はこうかんがえる。

木の枝葉。 幹。根っこ。


根本 こんぽん


なんてうまい言葉だろう。

足下の部分、しっかりとしてないと。
育つ幹もちがうし、
そこから生える枝までちがければ、
ささいな栄養配分でも変わる 葉 の部分なんてもっと違う、。

いろいろ。 いろんなカタチの葉 いろんな長さの枝。

葉っぱのカタチや色がちがっていても
根元が一緒の人ならば、深く関わることができる。
風にゆらゆらとなびいても、変わることなく、安心できる部分がある。
深い関係だ。

根からでた幹も然り。

そこから派生する枝たちは、
環境であったり、経験であったり、
そんな部分が一緒の人達は、そこそこ仲良くつき合っているのだろう。

葉っぱにはいろんな色があって、カタチがあって、大きさがある。
それと同じように、たくさんの人達がいて、
集い、ともに笑い、泣き、叫び、愉しみ、悲しむ。

一緒に風にゆられて、右へ左へ、 上へ下へ。

ゆらゆらしながら 一緒のタイミングを楽しむ。 そんな感じ。


深くも、浅くも、共に過ごす友 は

そうそういないのかもしれない。


根元を共にみつけることができる人がいたならば
それは幸せなことなのかもしれない。


今日もまた幸せをさがして、あてのない旅へ。 

それもまたある意味幸せなのかもしれません。。の。
[PR]
by sora-arukumono | 2009-02-09 23:19 | 呟き
<< 思考 芸術 >>