気ままにつぶやき ゆるりとフラフラと 空を歩く    
by sora-arukumono
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索
ライフログ
以前の記事
地球が静止する日
b0070043_22435452.jpg


先日DVDをみました。

マトリックスのころからキアヌ・リーブスは好きなのです。


内容は全く知らなかったので、愉しみにみることができた。

なぜか、あの人が主演する映画を観てみたいと思うことが多い。

マトリックス。 コンスタンティン、 今回のこれ。

深い内容の映画が多いように感じます。


んで。 感想は。。。。  なんだろねー。


地球を救うためにきた。

人類から救うために。 ってのは 面白いねー。 人類を救うんではなく、

地球を救う。


なにか、納得させられる。


映画の中では、人間愛?? のような、変われるチカラ。 とでもいうのか、、
結果的には、人類を見捨てずにチャンスを与えてくれた。


まぁ、。 普通に、 滅んでしまえばいーのに。 と思った僕は、。

どーなんだろー。 と、自分で思いました。笑


人が生き続けること と 地球が生き続けること とは、対象にならないものと思ったり、

あまりにも次元の違うぶぶんでの話のように感じてしまった。


地球という星を再起不能におとしいれるのが人間であるかもしれないのと同時に

地球という星と 次の次元へと進化させることができるのもまた人間なのかもしれない。


そういった意味では人が生きるということこそは
必要なのかもしれない。

どのように 意識 を本来の目的へと繋げてゆくのか、。

そんなことを問われた映画でした。
[PR]
by sora-arukumono | 2009-05-11 22:59 | 日記
<< また枯れちゃった。。 あたたかな休日 >>