気ままにつぶやき ゆるりとフラフラと 空を歩く    
by sora-arukumono
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
検索
ライフログ
以前の記事
いつのことか
不思議に覚えている感覚。

そう。僕は透き通る水の中にいた。
水面には光があって、キラキラとゆらゆらとうごいている。
本当に静かな世界。

そのまま光が静かに消えていった・・。

僕が赤ん坊の頃、水しぶきが顔にかかっただけで大泣きしていたという。
小学校に入っても髪の毛を洗う時目をつぶることが出来なかった。
目に水を入れられなかった。プールも泳ぐ事も嫌いだった。
なぜそこまで怖がっていたのか・・。

きっと前世は水の中で生涯を終えたのだろう。 と感じた。

気がつけばまたこの世に生まれ、時をすごし
再び水の世界へと足を運んでいた。

水をしり、昔を思い出し、やらねばならぬ事を考える。
水は全てをしるモノだとおもう。
[PR]
by sora-arukumono | 2005-02-03 22:44 | 日記
<< そら に しるす なんとなく >>