気ままにつぶやき ゆるりとフラフラと 空を歩く    
by sora-arukumono
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索
ライフログ
以前の記事
あい
”北斗の拳”

言わずと知れた 北斗神拳伝承者 ケンシロウ が主人公の漫画。
ストーリーはもうめちゃくちゃなバトルバトルバトル。
悪人やら善人やら関係なく昇天しまくり・・の物語。
連載されていたのは僕が小学生の頃だから10年程前か・・・。
・・・イヤ失礼。 20年ほど前になる。

今はパチスロで人気爆発の機種になっていてその影響か、
色々なグッズが販売され、コンビニで漫画も再度発売されている。
ちょっと立ち読みしたのだけど、その ケンシロウ は愛を語る。
ケンシロウだけでなく様々な登場人物が 愛を語る。
大悪人もじーちゃんも若者も・・。
純粋であるがゆえにその想いに捕らわれてゆく。
ケンシロウはその愛を胸に刻み悪人をみそぎすすんでゆく。

読んでいてふとおもった。

愛 とは一言で発せられる言葉なのだけど、やはり深すぎる。
ヒトは 愛 に良くも悪くも左右されやすい生き物なのだと思った。

純粋さゆえにまわりがみえなくなるし、自分もみえなくなるときがある。
冷静でいると、それは愛が足りないのかとも思う。

本当の意味でヒトを愛すというのは 
表裏一体のすべてをみつめられる こころ をもって相手と自分とを想うことではないのだろうか。

んー。。。どんどん思考が深まっていくからきょうはもうやめとこー。
[PR]
by sora-arukumono | 2005-02-08 13:32 | 呟き
<< アラスカ  - 6 - フィジーでみたナミ >>