気ままにつぶやき ゆるりとフラフラと 空を歩く    
by sora-arukumono
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
検索
ライフログ
以前の記事
写真
ちょっと前に 光の惑星 キャノンスペシャル という番組をみたのだけれど
めっさ感動した。

エジプトのツタンカーメン像に何枚のものかがみを使ってひかりを反射させ
太陽光を当てた場面には鳥肌が立った

そぅ なぜかしら思い出した ひかり の話し

自分で昔キャンプをして”ひかりの空間”の話しはここでも記した。
最近はひかりについて考えることが多いきもして、、

詳しく突っ込まれると答えられないけれど、なんとなくなツブヤキ


ん~    そう。
リンクさせてもらっているブログの人たちはみんな いい写真をのせているなぁ~と思う。
うまくいえないけど
写真はその時のひかりを封じ込めたものなのだと思うのだ

波長や波動の振動がかわって無限の色がうまれる
今見えている姿、形、音なども、 その無限なる振動からうまれる

ひかり は絶え間なく無限に僕らに降り注いでいて
それぞれ持った、持ち合わせた色を無意識にえらび吸収し、反射させている

そんな目にはみえない波動や波長。
僕が何か想うだけで波長は変わり
僕が大きく息を吸い込んでいく過程で波動が伝わっていく。
きっと何かが変わってるのだとおもう一刻一刻と・・。

写真はその瞬間の波動や波長をいっぺんに吸収して一枚の紙に封じ込める。
撮る人の気持ちや、被写体の感情や、周りを行き交う様々な匂いを含めて・・

どんなに構図のよい写真でも、色が綺麗な写真でも
ただの写真としか見えないときがある。

何気なく写した街並みや、友人に見せてもらったなんでもない写真でも
引き込まれるほうに、何かが伝わってくるときもある。

それはそのヒトのもったモノやその場所がもっているモノなど
ほんとうにたくさんのものが ひかり としてはいっているからなのだろぅ。

そんなひかりをふうじこめるモノ
それが写真なのだとおもう・・。
[PR]
by sora-arukumono | 2005-03-16 14:46 | 呟き
<< 三重へ還った日 ちょっとした間違い・・。 >>