気ままにつぶやき ゆるりとフラフラと 空を歩く    
by sora-arukumono
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索
ライフログ
以前の記事
美輪明宏
いつだったか、朝の5時ごろテレビをつけると
美輪明宏がでていた。
オーラの泉 とかでも知っていたし、 ばぁちゃんやぼくのおかんもファンだったので自然に心の片隅にはある人だった。

しかし、朝唐突もなくそこにいた美輪明宏の姿に思わず見入ってしまった。
そのとき彼?は面白い話をしていた。

舞台に出ている時に自分が目立つ場面ではない場合
自分の気配を一切消すのだと言う。
お客さんの目に自分がふれられぬよう、消えるのだというのだ。
また、もし、自分の登場シーンなどがある場合は
自分の存在をよりいっそう大きくするのだという。
気持ちや心を大きく。
そして1階から3階まで全ての人々に自分の気持ちをひとりひとりにぶつけてゆくのだそうだ。
額の(第3の目?とかいってたかな)まんなかから気を振りまくのだと言う。
その人のカラダの大きさは全く関係ないのだといっていた。
よく、あの人がでると場面が引き締まる、とか、あたたまったり、存在感があったり
とかって素人の僕でも思うことがある。
そういうことだったのかと、けっこう感動したのだ。 朝の5時に。笑

改めてこの人のすごさを知った気がした。
舞台に立つというなかでほんとうに様々なことを成しているひとなのだと感じた・。
機会があったら一度見にいきたいと思いはせた朝でした。
[PR]
by sora-arukumono | 2005-04-18 21:25 | 日記
<< 今日 The Reason >>