気ままにつぶやき ゆるりとフラフラと 空を歩く    
by sora-arukumono
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
検索
ライフログ
以前の記事
覚悟
専門学生のころ
はじめてスキューバダイビングをした。

4日間のCカード取得コース。
いった場所は西伊豆。土肥。

実際の実技に入る直前
僕の中である線引きができた。

レギュレターを口にしていれば空気がきて息ができる
ここから空気がこなくなったら これを口からはずしたら 息ができなくなる。 死ぬ。

空気がくるかこないか
生と死をわけるライン。その覚悟。
それだけだった。

実に単純明快。
(まぁ大げさに考えすぎかもしれないけどそのときはそぅだった)

慌てる必要もおびえる必要もなかった。
人が何ももたないまま生きていられる場所ではないトコロへといくのだから

その世界のまわりにあるのは
生きるために行う呼吸 をすることのできる空気ではなくて
生きるために必要だけれど包まれていては生きることのできない水なのだから


最初はプールで水につかり続けた。
覚悟が決まっっていた僕はすべてを水にゆだねることができたように思う。
その世界は静かで 自分のこころもとても静かだった。

空気を吸う音と 吐き出して水面へ上る気泡の音が心地よかった。

中性浮力の練習やBC、ベルトの脱着などの講習を経て 


海へ 壁のない世界へ 

たくさんの魚をみた タコのお産もみた 浮き、沈み、泳いで流された。
陸のうえとは全く違った世界。別世界。

またいつしか潜りたい衝動に駆られるときがくるだろぅか。
そのときにはまた 覚悟 が必要なのだろう、。

覚悟がつよければ迷いも少ない。
不安もなくなる。 よい道へとすすんでゆける。


明日から長瀞へいきます。
また一味ちがった水の世界。
覚悟を決めて。
[PR]
by sora-arukumono | 2006-05-02 20:13 | 呟き
<< ごーるでんういーく おにぎり祭り >>