気ままにつぶやき ゆるりとフラフラと 空を歩く    
by sora-arukumono
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
検索
ライフログ
以前の記事
よゆう
今日の朝は11時に出勤だったので
いつもより家を出るのが2時間ばかし遅くてよかったのです。

8時ごろ目がさめて横になりながらカーテンの隙間から外を眺めた
そらは薄い青色をしていて、薄い雲がかかっていた

しばらくボーっと寝たままそらをみていると
部屋に太陽の光が差し込んできて、たくさんの虹の粒があらわれてきた

今、部屋の中はとても散らかっているのだけど
なんだかゆったりとした時間が流れ込んできて
不思議に、ひさしぶりに自分を覗き込んだきがした。

シャワーを浴びて駅へ向かう。
風もいい感じに冷たく。心地よい。


駅につくと、
・・・財布をわすれていることに気が付く。。。
のんびりと家まで戻って電車にのりこんだ。


いつものっている電車。
先頭車両に乗り込んで進行方向をみていた。
いつもとは違う景色。 地下へと続く線路をみて、
地下に続くトンネルをみて。 人間という不思議さを想う。

コンクリで固められたトンネル。
コンクリの寿命は100年だとか。 そうなる日もちかい。
そんなときはどーなるのかなぁ、、。なんて。おもってみたり。

ある駅で運転士が変わり、窓にカーテンをかけられた。。
今まで見ていた風景や、それに伴い出てくる考えなどの道が閉ざされた。

あ~あぁ。。 

ともおもいながら向き直ってまた別のことを考え始めた。
とりとめのないこと。 いろいろ。 

さてさて、また午後がはじまる。

心地よい風をこころにとりいれて ひろげてゆこう。
[PR]
by sora-arukumono | 2006-07-31 13:52 | 日記
<< 指定バトン あきらめるということ >>