気ままにつぶやき ゆるりとフラフラと 空を歩く    
by sora-arukumono
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
検索
ライフログ
以前の記事
視界
最近はバカのように景色をみることがある。

見えている景色全てが虚空のものじゃないのかと、
人が歩いている景色。
建物が並ぶ景色。
車が行き交い、電車から見える景色。

それらの奥にただただソラがひろがっていて、
風がふいていて、
木の葉が揺れる。

僕らが生きている時間。
アナログからデジタルへ。

一瞬にしてデータが地球の裏側へと飛んでゆく。
声がきこえて、写真がみれて、
見えない通路がいくつにも重なっている。
作り出すのも一瞬。 
裏を返せば消えるのも一瞬。

僕らが生きている 今 という時間は後世に残るのだろーか。
なんて疑問におもうこともある。

全てが一瞬にして消え去り、 空白の時間として残るのじゃないだろーか。
なんて思うことがある。

ならば、自分のすること、生きる意味とかは
何処へ向けてゆくのがいーのだろぅか。

なにか、最近は大きく物事をみれるように心がけている。
まぁ、現実逃避しているのだがね。


みち つくるため。しるために。 視界を大きくひろげて。
[PR]
by sora-arukumono | 2006-09-15 13:39 | 呟き
<< 旨いモノ やんわり >>