気ままにつぶやき ゆるりとフラフラと 空を歩く    
by sora-arukumono
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
検索
ライフログ
以前の記事
家族との時間
実家は近くにあるのだけれど

あまり顔はだしません。 なぜかな。。 。。。 なんとなく。


妹は遠く異国の地。 まだ一度も行っていません。。
スカイプでいくらでも話せるはずなのに。 あまり話していません。
なぜかな、、。 会いたいのに。 なぁ。。


この間 ひさしぶりにスカイプしました。
そこには見違えるほどにキレイになった妹と、
元気いっぱいによき風を吹かせている姪っ子の姿がありました。

なぜか姪っ子の笑っているカオが 僕の子供の頃のカオにそっくりで、
その頃の母親のカオにそっくりなのが妹でした。
やさしいおーろらをまとって、心地よい風がそこにみえました。


そんなことがあってなのか、
久しぶりに実家へと夕食をごちそうになりにゆきました。
そこにはやわらかな表情の母親がいて、
夕飯ができる間、 ぼーっとただただ食事ができるのをゆっくりと待ちました。

・・・。 台所での物音がなんだか懐かしくて、
なんだかふんわりとして リラックスしていたのだろぅな。


で、、 食卓に食事がでてきた。 ”おまたせー” と
で。 そこには黒く焦げたかぼちゃ・・。
”ゴメンネー 焦がしちゃった。” と 母親。

・・・・。 すごいなーこのヒトは。。。
ずっと台所にいたはずなのに。。 そのカボチャを料理していたはずなのに。
それが、 じゅーーーー って。。

でも、なぜだか そのときは それが微笑ましくって、
笑ってしまいました。 そのヒトらしーなぁーって。
ま、 食べられないことないし、 ある意味おいしかったし。

そんな風に笑って食事をしていると
母親のカオの奥に ばぁちゃんが重なってみえたりして。

やっぱり血なんだなぁーって思いました。
母親と妹と、 そのつながりを不思議に思ったり。そして必然と思ったり。


なんだか、ひとつ違う道が現れたようで


そんな時間もまた大切なものだと感じてみたり、


ふと。
づらづらと書き綴ってみました。
まとまりなくて、 ダラダラながくてごめんなさいね。

ではまた。
[PR]
by sora-arukumono | 2007-05-11 21:24 | 日記
<< どんなになってんのかな こーひー >>