気ままにつぶやき ゆるりとフラフラと 空を歩く    
by sora-arukumono
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索
ライフログ
以前の記事
カテゴリ:雑記( 51 )
おえかき
固定観念のない

自由な発想ができるように

想像力のひろがりが少しでもでてくるように


むずかしいけれど、 それ故におもしろみのある

正解も不正解もない。 あるいみ それが自分なんだと。


内なる何かのあらわれであるのだと。


きっと みえないどこかで 何かが鍛錬されているように思う。


そんなふうな テーマ を決めて。


今日もまた。 いつもとは違う チカラ を つかったのでした。



さて、。。


b0070043_23523073.jpg

[PR]
by sora-arukumono | 2009-05-06 23:20 | 雑記
チカラ
朝。 歩きながら、 かんさつ。

あるいているとき、どこにチカラがはいっているのか、。
さがす。
意識をからだへとばしながら。

かんさつ。

すると、どーしたって、肩や、頭のほうへとチカラが入っているような気がして、
意識がどうしてもその辺りへととどまってしまう。

あるきながら、チカラをおへその奥へといざなう。
ぐるぐる と 渦を巻くように、 奥へ奥へと。

そうすると、チカラが注ぎ込まれると同時に、
その場所からチカラが同じようにひろがっていく。
奥の奥から、これまた渦巻きのようにひろがる。

そんな感覚。

そんなときはカラダに力むようなチカラもなく、
自然のうごきで、最小限の動きで、最小限のチカラで、
無駄なく、動く、、というよりは、流れてゆく。

そんな感覚。

歩くということ。
どんなスポーツでも同じように、同じことが求められる。

最近はまっている。スポーツです。 


歩くということ。
[PR]
by sora-arukumono | 2009-03-11 21:48 | 雑記
好きな数字
は 16 です。
4 も好きなのです。

4が4っつかさなった数 は 16 ですので 

やっぱり 16 がすきです。

2 もすきです。 2が二つ で 4 

11月2日 生まれなので 好きなのもありますけれど、。

112 は 全部足すと 4 になるので 好きな日です。


電車の車両や、扉に 4 がついているとうれしくて、

自動改札抜けるときには 4 や 8 や 16 やらに向かいます。


銀行のキャッシュコーナーでも その辺りを目指します。


自分にとっての ラッキーナンバー だと 思っているのです。


そんな雑記。


好きな数字ありますか?
[PR]
by sora-arukumono | 2009-01-29 23:47 | 雑記
世の中


おかしいのか


僕の 思考 が おかしいのか


ときどき深くに潜ると でてくる疑問。 ま。 答えはないんですがね。



モノにみたされ、 時間にみたされぬ。


周りと同化し、 安心と勘違いをする。


大きなうねりのなかで、濁流と化した泥水の流れの中で


緩やかに流れる 澄んだ支流に目を向ける人がどれだけいるだろうか。


流れの源である 一滴 その心や気持ちを どれだけの人が思い出せるだろうか


僕にも とても難しい。


濁流の中で 今 を 泳がなくてはいけないのだから。

流されぬよう、 飲み込まれぬようにもがき、 でも流され、。

そのうち、その流れが 清流 とうつるようになる。


その流れの中に 大きなフネを浮かべて、 立派な船長になったように。
なれるように。 なった気持ちに なる。。。


支流で遊ぶ人を笑い、 流れの 大きさ を 比較とする。


僕は今 どこへ 向かわねばならぬのか。

そんな疑問も抱いてはいけない 時間 なのかもしれない。 流れ なのかもしれない。


わかっている。


澄んだ支流 を 本流 とできるように。

火と水とを 合わせられるように。

対極する感情や、事柄を 合わせられるように。


進んでいかねばならぬことに。



そら高く。 泳げる翼を背に携え。 心かるく。 
[PR]
by sora-arukumono | 2009-01-27 23:57 | 雑記
ある
車がある
バイクがある
部屋がある
眠る場所がある
食べ物がある
洋服があって
靴がある
遊びにいく道具がある

ある ある ある ある

好きなことができる時間があって

それらすべてを選べる自由がある


ただ、


還るところは一緒で

向かうところも一緒なのだとも感じる。


ありふれた日常の中

あふれた物の中


それらの中から 抜け出すこと みつけること 見失わないこと
そんなことたちが 一番大切 なこと
[PR]
by sora-arukumono | 2009-01-13 23:29 | 雑記
引用
奇跡のリンゴ という本をよんで。
その中から。。うなるような一節がありました。
自分で考えていて、なかなかうまく表現できない部分。
その一節に ドカン!! とやられました。

以下引用

明日のことを思い煩うのも、生に執着するのも、つまりは知恵の働きだ。
その知恵を働かせて、人は欲望をかなえようとする。けれど欲望にはきりがない。
一つの欲望をかなえれば次の欲望が生まれる。
その繰り返しの中で、人は文明を発展させてきた
つまり文明の歴史とは、人類の欲望の肥大化の歴史でもある。

[中略]

文明の発達の歴史が人類の欲望の肥大化の歴史であるなら、
文明が本当の意味で人を幸せにすることは未来永劫あるはずのないことだからだ。
であるなら、人類の知恵や、その知恵から生まれる人間の営みには、
いったい何の意味があるのだろう。。

文明を手に入れたその瞬間から、
人は少なくとも心の片隅でそのことを考えつづけてきたに違いない。
老子が説いた無為自然は、その文明の対局の姿だ。
欲望をかなえて人を幸せにするのが文明の方向性であるとするなら、
人を幸せにする正反対の方法がある。
それは文明を否定して、自然のままに生きること。
釈迦などが言ったように、
欲望などというものは幻にすぎないということを知ることであり、
キリストの説くように、明日を思い煩うのではなく、
今という瞬間を、何者かに感謝しながら生きることだ。



深い。。
[PR]
by sora-arukumono | 2008-11-20 00:33 | 雑記
宣言
長瀞からはなれること と します

理由は特にない。 こともないのだけど。、。

カヤックや、川からははなれずにゆくのだろうけれど、
違う川を ちがう川へ  漂いにゆこうかと。


何処でけじめをつけるのか
どうしたら自分の意思に区切りをつけられるのか

その 決断 をするために何かの きっかけ や 兆し のよぅなものがほしいのだけど、

どうやら待っていても 長瀞へ とひきこまれてしまうよーでして、


よくはわからないのだけど

ここで 宣言 してみて、 区切りとできるよぅにと。


ただなんとなく。、なんとなくね。


来週の日曜日。 区切り とします。 お疲れ様 とします。


後押しをしてくれた ソウルメイト に感謝します。


ではまた。
[PR]
by sora-arukumono | 2007-10-09 22:20 | 雑記
感動したよ!
b0070043_23452986.jpg
                          動画は コチラ                
自然だけど、、
なんだかスケールでっかすぎで。
画像の縦が2万kmだって

想像もつかないし、 イメージができないんよね。

ただただ、愕然とみていた。 何度も何度も。
こんなものをみてしまった僕らは もぅそろそろ別の次元へと、方向転換するのかなぁ、
とか
よくわからないこと考えてみたり、

でも まちがいなく。 頭でも感覚ででも理解できない。
でっかい以上のなにか。 

なに? これ。
[PR]
by sora-arukumono | 2006-12-07 23:51 | 雑記
すこしのことなんだ

おんなじひかり

b0070043_23464142.jpg


みる場所かえて


みる方向すこしかえて

b0070043_23471731.jpg


すこしだけ時間ずらして


それだけでこんなにも違う

b0070043_23474841.jpg


おんなじなのに ふしぎさね

[PR]
by sora-arukumono | 2006-11-21 23:49 | 雑記
いつかのこの時間
何年前だったか、、

0時をまわったそのとき 僕は妹と家路についていた。
地元の仲間といきつけの居酒屋で楽しく騒いだ帰り道。

商店街を抜け、バス停を通り越す。
ちょっと裏道へと斜めにはいり、高校の脇をあるく。

何を話していただろぅ。
楽しかったなあ。 いい仲間だよなー。 なんてほろ酔い気分。


と、


一瞬の間をついて突然妹が歌いだした。

”午前0時を過ぎたら♪ 一番に届けよう♪♪
 Happy Birthday♪ Happy Birthday♪♪♪”

ジャカジャカジャン! と手にはプレゼント。


この日のこの時間がくると思い出す。
なぜだかめちゃくちゃにうれしかった。 妹の笑顔。歌。

他にもたくさんの大切な思い出があるけれど、
ありがとう。 嬉かったさ。 めっさ。 


誕生日ありがとう。  (ー人ー)
[PR]
by sora-arukumono | 2006-11-02 00:43 | 雑記