気ままにつぶやき ゆるりとフラフラと 空を歩く    
by sora-arukumono
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
検索
ライフログ
以前の記事
カテゴリ:呟き( 184 )
むずかしさ
なんにせよ、。

頭で理解したことをカラダにつたえることはなかなかにむずかしい。

頭で理解していなかったことをカラダから教わることもまたむずかしい。

感情を頭で理解することもまたむずかしく

理解できてもコントロールすることはむずかしい。。。


あたま と からだ


その繋がりは その関係はなんなんだろう、と、そうおもうこともある

多々。


でも、やはり 愉しさ が大きく含まれているのだよ。

カラダうごかしながら頭つかうこと。


さて、愉しみながら。 がんばるぞ。 なにごとも。
[PR]
by sora-arukumono | 2011-08-01 23:23 | 呟き
元気ですか?
皆々様

誰にいう訳でもなく、 つぶやいてみた。


こんな感じの状況で、


溢れかえる情報の中で

何を心に留め、 何を放してゆくのか、。、、


そこから感じたことがあったとして、

どんな行動をしてゆけばよいのか、。

どんな行動が正しい道なのだろうか。。、


わからない。、


だけど、現実だ。



心を大事に  心の奥に芯をおいて


歩いていこう
[PR]
by sora-arukumono | 2011-03-27 22:14 | 呟き
また無事に
一つの仕事がおわった

無事に


昔にも記したのだけれど、 その 無事 がまたくせもので

いつも、なにか感じ、考えてしまう。


自分の心にある たいせつ なものとの方向性や種類


まぁ、答えはでないのだけれど、。、


家族 や 恋人 は やはりどんなものよりも優先されるべき事柄だと思うのだ

ほんらいならね、


それがとても残念なところだ。

そこの部分は優先されるよう、そんな会社体制ができるといーね。

思いやりのある人達が集い、 他人のためにみんなが動いていける会社がいーね。


家族は
愛しているし、同じくらいに愛されている

どのような道をえらんでも 不正解はない
それは愛されているから 心から ありがとうと

そう感じているはずだと おもいます


それはなによりも いつもいっしょにいる あなた自身がわかっているはずで

終わらない時間をいつまでも自由にかけまわるのだとおもいます


ほんとうに。



おやすみなさい
[PR]
by sora-arukumono | 2010-11-14 23:47 | 呟き
月をみた
西の空はまだ薄明るく、
風に雲が流されていた

低く永く 静かに 

でも なにか 流れる音がきこえてそうなほどに強く


空を見上げると 雲間に浮かぶ 月

浮かぶ というよりは 漂うようにもみえる


満月でも 綺麗な三日月でもない なんともいえないカタチ


遠くにあるはずなのに なにか近くに感じられることもある。


音もなく風がとおりぬけ、 音のない音をだして雲はまだ流れている。



そう ただそれだけ

ほんとうに ただそれでいいだけ なのに


それだけでは満足できないのか、 他の何かを求めていたいのか、


流れを細かく細く薄く つくり

その中をもがく


なんでかなぁ



なんて想いながら ぼーっと歩く



大切な何か を 忘れてしまっていることに気づくとき

決まって そら をながめている


心をおおきく とらわれの精神を解放する そんな感じ

小さく小さく、ミクロの世界へと迷い込んでいる自分に気づくには


そらをみあげるとよい。 

そんなふうに想った


さすれば迷い込んでいた道も すこしは みえてくる かも 


なんて
[PR]
by sora-arukumono | 2010-03-26 20:18 | 呟き
あぁ
最新の日記が 

新型にかかったとき。 あれはいつだったか。。

なんて考えてしまうくらいに 前のこと


ふと。 gift についてかんがえました。


さずかった チカラ そのつかいかた。


特別な何かがあるわけではないけれど、
自分にとって大きな 自信となるチカラ

そんなもんがあるものかな、と かんがえてみました。


ま、 考えているうちは、華さいていない証拠でもあるし、

考えている暇あるなら 夢中になって何事もやってみろよと。


そんなふうにも思えます。


でも、なんだか最近は、 わかってきたような気がするのです。


さずかった gift 

それは 話すチカラ 

誰にも想像つかないような表現力をつかうのではなく、
素晴らしい文才というわけでもなく。、

ごくありきたりの言葉なのだけれど、

その人その人に合った話し方、言葉遣い。表現。
伝えるチカラ。

それが きっと 他人よりも ある のだと思う。 そぅ、感じる。


みがいて、。 経営に 交流関係に  仲間に 

周りが平和であればそれがなによりも好ましい 嬉しい

そんな空間が 自分のまわりにひろがるように。 想いながら 



ねます。



おやすみなさいませ。
[PR]
by sora-arukumono | 2010-03-10 23:46 | 呟き
太陽
数日部屋にこもりきり。

こんなにもゆっくりと時間をつかったのはどのくらいぶりだろうか。。


最初のうちは熱にやられて思考もとまっていたけれど、

少し余裕が出てくるといろいろなことが頭をよぎる。


雨の音をききながら 川の水を想ったり、
冬の寒さの不思議さを想ったり、

久しぶりに部屋全体に広がる 虹の粒 をながめ、

陽の光のあたたかさに とても 感動している。


ふと考えてみると、 一日、陽の光の入らない場所で動いているんですもの。

陽の光をあびていないのだもの。 健康でなくなる理由の一つであるなぁ。。

なんても 想う。


太陽を想う と いつものようにばぁちゃんを想う。


そーいえば、夢にばぁちゃんがでてきて、僕は聞いたんでした。

”ばぁちゃんは何をするために生まれてきたのかと。”

答えは、、。聞けなかったなぁ。そーいえば。


それを知ってしまうということは、あるいみ区切りなのかもしれないし、
スタートでもあり、ゴールでもあるような気がする。

今活きているということ。 

陽の光があたたかいと感じられること。

とても大きなチカラを毎日毎日そそいでくれているのに。
それを遮られた場所で、
何を一生懸命しているのだろうかしら。。

なんて想ってみたりもして


今浴びている光 は 昔 和歌山のとある家で浴びた光に似ている。

静かで、 あたたかくて、 おおきい。


そんな心境がそう感じさせるのか、。


引き出しが ひとつ。 またひらいた。

そんな気がしました。
[PR]
by sora-arukumono | 2009-12-06 14:32 | 呟き
最近はとくにサボリ気味な毎日です。
何をするわけでもない。

何もしないわけでもない。


朝起きて、ご飯はたべるし、
笑って話もする。

電車に乗って仕事場へも向かうし、
遅刻したりミスしたりせずに効率よく仕事をこなします。


ただ、 それがどーした。

と つぶやくのです。


お金をもらって、食べ物を調達し、
車に乗って、ガソリンを入れる。

欲しいと思った物を購入し、知識をいれてゆく。
睡眠をとって、また行動へとうつりゆく。


あぁ。 うつ なんでしょうかね?笑

うつ っつーのもまた都合のよい言葉なのかもしれない。


思考という中の世界に取り残されること、 それが うつ なのかもしれない。

ま、わからないけれど、


現実もまた事実。 思考の中の世界もまた事実。

リアルかリアルでないかだけの。
そんな世界もまた本物となり得るときがくるのかもしれません。


2012年 っつー映画。

みてみたいもんですね。


予告で、人々が生き残るべく必死な様子が流れます。

生き残る ことにどれだけの意味があるのか 最近わからなくなるときがあります。

生き残りたくないわけではないのです。
ただ、ふと わからなくなることがあるのです。


ま、 ちょっと 自然のチカラ が不足しているようです。


海いくか。 川いくか。 


自然にもまれてこようかと そう 思いました。


と。 睡眠とろ。 


ではおやすみなさい。w
[PR]
by sora-arukumono | 2009-11-20 23:16 | 呟き
あい
愛。

ときどき ふと 感じることがあります。 たまにですけどね。


この時期になると 当たり前のように 

愛 感じますね。


あい って ば なんなんでしょーかね。


いろいろな カタチ あるとおもうのですがね。


でも、なんだか、そのときは気がつかないことが多いと思うのです。

でも、時間がたったり、遠くからながめたりすると。

あぁ。これだったんだな。 あれだったんだな。 あいって。それなんだな。 と


感じずにはいられないことが 多い 気がします。



10月から1月にかけて 親族の誕生日ラッシュ続きます。


僕の親、兄弟、従弟達。その子供達。


それぞれの誕生日の朝。 きまって電話が鳴りました。


毎年毎年。 きっと それぞれの家の電話が鳴っていたのだと思います。


義務でやっているわけでも、義理でやっているわけでもなく。



ただ おめでとう の 一言。 


そのときには ただ、ありがとう。 と。 言葉にしていたものの

おめでとうの本当の意味まで理解していなかったのかもしれません。

ありがとうの本当の意味をいしきしていなかったのかもしれません。



今になって思うのです。

生まれてきたその日を覚えてくれている人がいるということ。
どんなにありがたいことで、どんなに あい があるのだろう ということ。

その人の心の大きさ。 愛の深さ。

きっと今でも。 声はきこえなくとも。 言霊はとどいているのだと


そう 感じます。


それも 愛 なのだと。 そう思います。



そんな 愛 を伝えられる人に。 そう願います。
[PR]
by sora-arukumono | 2009-10-30 00:24 | 呟き
よるのさむさにうかぶおもい
アメリカの地に住む従兄をおもう

台湾の地に住むツインソウルをおもう

山口にいる従弟をおもう


なぜだろー。遠くにはなれる人達をつよくおもう。


そのひとらしく時間をすごしているのだろーかと。

そのひとらしく いきて いるだろーかと。


つらきときがあろーとも

だいじょうぶ だいじょうぶ 


みんないるさと。 みんないっしょだと。


ひとりではない。 つながっていると。



わかっているひとがいる。 わかってくれるひとがいる。

そんなつながりがあるということ。



そんなに心強いことはないはずさ。


わすれそうなときもあるけれど、 わすれていることもあるだろうけれど


ふとしたときには いつもそこにあることに気づけるだろうと。


だから だいじょうぶ だと。 そういえる。 つたわる。 つたえられる。



それは みんなに いえること。 

北の大地にも。 南の島にも。 空の上にも。 他の世界にも。
[PR]
by sora-arukumono | 2009-10-06 21:36 | 呟き
気ままに
なんだか久しぶりに綴ってみたり。

そんな気分になりました。



都内で大きな虹をみたり、

花火を久方ぶりに間近でみてみたり、、


海でパラソルの下砂浜を駆けってみたり、波と戯れてみたり、。


横浜をぶらつき、都内の買い物なんかをしてみたり。


ドラクエ9を買ってみて、 はまってしたりして、


いろいろ と ある中 
なんで書かなかったのだろうかt、、、 とも思ってみたり。



流されながら考え、

考えながら 無意識を さがす。


無意識の中で感じながら、 

その感覚をまた考えてみたり、。


自分の根元を覗き込んでは、 そうだそうだと ささやきながら、



気分気のまま、 意味もなく つらつら。。。



まとまりのない文章のまま。

また次回。
[PR]
by sora-arukumono | 2009-08-05 22:47 | 呟き