気ままにつぶやき ゆるりとフラフラと 空を歩く    
by sora-arukumono
カテゴリ
検索
ライフログ
以前の記事
<   2005年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧
ロウソク と 線香
寝る前にロウソクの光をみる習慣はかわらない

最近はそれに線香もくわわった


淡いひかりのなかを音もなく線香のケムリがすすんでゆく

空気のながれを目にすることのできるときでもある


ほんとうにしずかに、


ケムリとひかりとに身をおくと
わずかに頬を撫でるロウソクのあたたかさ
風のやさしさを 感じることができる  ときもある

気のせいかもしんないけど
最近の眠りはちょっと心地いい


b0070043_23542374.jpg

[PR]
by sora-arukumono | 2005-10-30 23:54 | 日記
ときどき
なんもかんもいやになることってばあるよね。


なーーんだろぉ。


もーいーーや。  って。




お金のために働くのか 時間をどーつかうのか、。
自分の時間のために働く お金はそのあと

やはりそれが一番いー。と思ってしまうよね。


逃げたくなる。 めんどくさくなる。 消えたくなる。
ギリもギリギリだね。 いやマジで。



・・・ってたまには毒もはいとかないとな。

そんなときもあるんだってことで。 ゆるしてちょんまげ。
[PR]
by sora-arukumono | 2005-10-28 23:29 | 呟き
いつぞやの風景
My Fusion & sora

b0070043_23282437.jpg



以前記事にしたのだけど、写真大きくできたから再度登場

[PR]
by sora-arukumono | 2005-10-26 23:34 | 雑記
Sun Cacther
めずらしくいつもよりはやめに目が覚めた。

お湯を沸かしてドリップコーヒーを入れる
窓からはまだ目の覚めきらない空気がはりつめていて
朝の陽とともにすこしづつながれはじめているようです

b0070043_7365736.jpg


そんな中キラキラ光をはなつ
最近のお気に入り

部屋の中を浄化してくれそーな
結構気分いーんだよね。 朝からこれがみれると。

Sun Cacther
[PR]
by sora-arukumono | 2005-10-25 07:42 | オススメ
星をみた
今日ひさしぶりに星をみた

東京の明るい夜にもまけず
たくさんの星がキラキラひかっていて
ひさしぶりにしばらく上をみながらぼーっとしていた

昔みた獅子座流星群のことをなぜかおもいだしもしたり
オーロラをみたアラスカのそらを思いだしたりもした

記憶の引き出しはいろんなところにちりばめられていて
なにかのきっかけでふと顔をだしてくれる

そんなふうに出てきた記憶にもなにかメッセージがこめられているよーな
そんな気もしてくる

そんなことも思いながら
まだまだ ぼーっと みていたとき
白い一筋の光がはしって消えた 流れ星だった
こんな明るい夜空のなかで、ひさしぶりにみた星空のなかで
うれしい贈り物のような気がして

今日あった嫌なことを忘れさせてくれた
こころに風をふきこんでくれた

静かな空気と冷たさふくむ風のなかで
星空をみあげる

そんな時間をすごしました


えー。ひとりです。はい。
[PR]
by sora-arukumono | 2005-10-24 01:05 | 日記
そらにかげ
b0070043_2344649.jpg
会社の窓からみた

とーくに 

これから沈む
日があって

その上には
雲があって

そらに影ができた


そんな時間
そんな空間
[PR]
by sora-arukumono | 2005-10-23 23:47 | 日記
ひかり
大地をてらす

上から見るとよくわかる


この見える範囲いじょうの場所を

いっぺんに明るくしてしまうのだから


そりゃーどーやったってかなわねー


b0070043_1234033.jpg


More
[PR]
by sora-arukumono | 2005-10-23 12:06 | 呟き
アラスカを守る
とある情報から。
コピーしたのです。
賛同されるかたいましたら。
 (以下コピー)

敬愛する星野道夫氏の愛した、アラスカの自然遺産が、またしても恥知らずのブッシュ政権のために危機にさらされています。
一人でも多くの署名を議会に届けて、この法案を否決するよう圧力をかけなければなりません。
事は 1,2週間以内の緊急性を要します。
一人でも多くの皆様のお力をお貸し下さい。
そしてこのことをもっと多くの方にしらせてください。
よろしくお願いします。


(以下、土岐 帆氏が和訳)

=====================

NRDCアクション基金サポーターの皆様、

ブッシュ政権と議会のリーダーたちは恥ずかしげも無くアークティック・レフュージを石油業界に引き渡す新たな口実に、ハリケーン・カトリーナの悲劇を利用しようとしています。メキシコ湾岸では(ハリケーンの影響で)いまだ膨大な量の石油漏れが多大な被害を及ぼしているというのに、わが国の政治家たちはわれわれのもっとも貴重な野生動物のサンクチュアリーを石油会社のロビーの手に渡そうと躍起になっているのですから、信じがたいことです。
アメリカのエネルギーの効率的な利用を進める―これこそわが国のエネルギー確保と石油供給不安を払拭する最短の方法なですが―かわりに企業による自然遺産の攻撃にまたも加担しようとしているのです。
この国家的悲劇を利用しようとしている事実は、皮肉にもほかのどんな事よりも明白にブッシュ政権の“汚染者”優遇のエネルギー政策(19世紀の石油富豪が作り出した)の破綻を示唆しています。
いままで5年間にわたり石油業界を優遇してきた結果は、ガソリン価格の高騰
を招き、われわれを石油不足に対してさらに弱くしてしまいました。石油流出事故や大気汚染、国民所有地の略奪、そして危機的な温暖化は言うに及びません。
皆様と私は、アークティック・レフュージを大統領の失策の次の犠牲にしてはなりません。

この2,3週間のうちにも、議会はアークティック・レフュージの掘削を認めることになる修正予算案に白黒つける投票をすることになります。
皆様にはこの法案を否決するために全身全霊をつくしていただきたい。
もし既にあなたが5人の友人にこのこの努力の緊急性を伝えたのなら、さらに5人の方を動員してください。

http://www.nrdcactionfund.org/redfordarctic/tellafriend.asp

また、NRDCアクション基金が、鍵になる州の人々を動員するために新聞広告など出せるように寄付もお願いしたい。

https://www.nrdcactionfund.org/arcticad/donate.asp

そして皆様の地域を代表する議員に手書きの手紙を送ってください。

http://www.nrdcactionfund.org/redfordarctic/arcticvoters.asp

出来る限りのことをしてください。われわれが過去30年にわたってなんとか守ってきたあの美しき大自然は一日して失われてしまうかもしれないのですから。
われわれがこの戦いに勝利することは可能です。しかしそれにはわれわれ一人一人の力を合わせ、議会に圧倒的な圧力をかけなくてはなりません。それを可能にするために私と力を合わせてください。

心をこめて、

ロバート・レッドフォード
NRDCアクション基金

======================
以下、原文です。


Dear NRDC Action Fund Supporter,

The Bush Administration and Congressional leaders are shamelessly exploiting Hurricane Katrina as the latest excuse to hand over the Arctic National Wildlife Refuge to the oil industry.

Given the massive oil spills still devastating the Gulf Coast, it defies belief that our leaders are rushing headlong to hand over America's greatest wildlife sanctuary to the oil lobby.

Instead of making America more energy efficient -- the fastest way to meet our energy needs and avoid oil supply shocks -- they would sponsor yet another corporate raid on our natural heritage.

This cynical exploitation of a national tragedy has revealed, as nothing else could, the complete bankruptcy of President Bush's pro-polluter energy policies -- policies inspired by nineteenth-century oil barons.

Five years of coddling the oil industry has given us higher gas prices and left us more vulnerable than ever to oil shortages -- not to mention oil spills, air pollution, despoiled public lands, and catastrophic global warming.

You and I must not let the Arctic National Wildlife Refuge become the next preventable casualty of this president's failed policies.

Within the next few weeks, Congress will cast its make-or-break vote on a Budget Reconciliation Bill that would allow oil drilling in the Arctic Refuge.
I urge you to pour your heart and soul into defeating that bill.

If you've alerted five friends to the urgency of this effort, mobilize five more:

http://www.nrdcactionfund.org/redfordarctic/tellafriend.asp


Make a donation so that the NRDC Action Fund can run ads mobilizing the public in key Congressional districts:

https://www.nrdcactionfund.org/arcticad/donate.asp

Write a personal, hand-written letter to your Representative:

http://www.nrdcactionfund.org/redfordarctic/arcticvoters.asp



Please do what it takes to win. Because all the beauty and wildness we've worked so hard to protect over the past 30 years could be lost in a single day.

We can win this fight, but only if we build overwhelming public pressure on Congress one person at a time. Thank you for joining with me to make it happen.

Sincerely,

Robert Redford
NRDC Action Fund
******
[PR]
by sora-arukumono | 2005-10-22 12:41 | 雑記
- 旅 -
b0070043_2257417.gif
はじめての旅  

  アラスカ         

   ニュージーランド          10 etc

アメリカ   
[PR]
by sora-arukumono | 2005-10-22 04:00 |
アメリカ  -2-
久しぶりの空港。
出国手続きに海外への飛行機

期待と不安とが入り混じったなんともいえない時間。

前のNZは治安も悪くなくある程度安心はしていたのだけど
今回のアメリカはちょっと警戒心が強めだった。
ましてや ロス 
僕にとってはそれだけで不安上昇でした

初日泊まるところくらいは決めいこうかとも思っていたけど
ちょうど従兄弟がロス行ったことあったので情報を調達。
Block st にあるシアトルアパートメントと言うホステルがよかったと教えてくれた
なんでも朝食つきで、綺麗なピンク色の壁をした建物だという。
まぁそれを頼りにしてタクシーでも捕まえればいーっしょ。

っと、考えても仕方ないことに気付き飛行機の中眠りについた。

飛行機の中ではオレンジジュースやウォーターの発音に悪戦苦闘しながら
なんとか自分のほしいものを手に入れつつ過ごす。

しかし、まったく通じないかったよ。 オレンジジュース や ウォーター 
実際には オゥウレェンズゥィジュース や ウォートゥァー といった感じだろーか。。

まさかこの発音にどれだけ悩まされるのかは全然予想もしなかった。


空港につきとりあえずタクシーでいくべ。 と
タクシーの運転手に 行き先を告げる 
”I want to go to シアトルアパートメント, Block st”
通じたのか知らんけどとりあえずタクシーは走り出した。

海がすぐ傍の Block st に到着、 
ホテルはこの先にあるはずだから と運転手さんは教えてくれた。
なんだなんだ順調じゃないか。 と浮き足立ったのもつかの間
ホステルにはいってホテルの名前を聞くとどーもちがう。
ここは シャーテルアパートメント だという。
壁の色も違うよーだし、。 従兄弟から聞いていた宿泊料金とも異なる。。
と、一度出てあたりを散策したけれど全く見つからない。

仕方なく最初にいったホステルに1泊だけして、また明日探してみようとおもった。
チェックインして部屋に入り、荷をおろしてからとりあえずベッドへ寝転ぶ。

壁やベッドにはいたるところに旅人達のサインが書かれていて、
日本語、英語、スペイン語などなど、いろんな国の言葉がそこにはあった。
で、、ふと。。 目にとまったのが 
”シアトルアパートメント最高!” という日本語。
”・・・・・。”
ここがそーなのか?シアトルアパートメント??

そぅ。Seattle は シアトル では通じない。 シャァートォウ みたいな感じ。(僕的に)

散々歩き回った2時間の疲れがまたやってきた。
さてさてこれからどんな旅になるのやら

 つづく・・・
[PR]
by sora-arukumono | 2005-10-21 22:23 |