気ままにつぶやき ゆるりとフラフラと 空を歩く    
by sora-arukumono
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
検索
ライフログ
以前の記事
<   2006年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
封印
陽の光をあびて
きらきらと輝くはずだったのに


封印されてひさしくたつ


箱の中にこもり、開かれるその日をまっている気持ちは
僕以上なのかもしれない。

きっとしっかりとした イシ があるのだろぅ。


もぅすぐ梅雨も明けるから
きっと陽が差し込んでくるよ

少なくとも どんなカタチであれ 光を浴びれるようにするから

もぅ少しだけまってておくれ 

ね。
[PR]
by sora-arukumono | 2006-06-28 14:21 | 呟き
滑走
ときどき地元の街を滑走します。

長いスケボーにのって。

そこらの自転車よりもスピードでるんすよ。


交番の前を通り抜けるときはちょっとドキドキとするのだけど
当たり前の顔して通り抜けてます。

バランス感覚おもいだしたり、
ちょっと心地よい風かんじたり、

気ままに アスファルトを滑走したりします。
b0070043_6252223.jpg

[PR]
by sora-arukumono | 2006-06-23 06:25 | 呟き
ろうそく
キャンドルナイト参加
えぇ。一人ですが。何か?笑

電気を消して、静かにロウソクに ひ を灯す

普段の明るさとは違うほのかな明かり。
ほのお がゆらゆらと揺れる
いつもなら気がつかないほどの かすか な空気の流れ。

決して広いとはいえないこの部屋にも
流れがあるのだなぁ。。 と感じながら。

なるだけ電気はつかうまいと。
でも、どーしても欲しくなくんよね。 音。

ギターを取り出して お世辞にも上手いとはいえないけれど
気ままに音をだして歌を歌う。

焚き火のときもそうだけれど
暗闇の中 火をみつめると なぜ内へ内へと向かう道があらわれるのだろうか。
b0070043_23455687.jpg

これまでの自分をみつめ 今の自分を感じ、 これからの自分を考える
いろんな感情もあふれ出す不思議さ。
哀しさや 嬉しさはもちろん 心がふっと広がったり、 急に落とし穴が現れたり、。
そこに愉しさをみいだせればいいのだけれど。

それもまた気持ち。気分。心地次第。

ろうそくたちは そんな時間をくれた

またもらいにゆこう。

そんな時間
[PR]
by sora-arukumono | 2006-06-22 23:46 | 日記
川との時間
先週末は長瀞へ行ってきました。

昼からラフティング、夕方から川原でBBQ
b0070043_9182883.jpg

b0070043_9191969.jpg

日が暮れてからはロウソクに火を灯してのまったりお酒。
b0070043_9194099.jpg

ね。
[PR]
by sora-arukumono | 2006-06-21 09:24 | 日記
つくる人
昨日

久しぶりに車をかりて 雨の中をはしる
路面やヘッドライトがキラキラと光る暗闇
Caravanを ききながら うたいながら 
ひとり ゆったり と考える時間が流れる空間
b0070043_22202782.jpg


青梅

ロウソクの作り方を教えてもらうためにきたそこには
また違った空気と時間が流れていたよ
ロウソク職人 ガラス職人(イトコなんだけどね) 音づくりの人、
作業場にはたくさんの人の作品がならんでいて

カタチがいびつだったり、製作途中だったりと本当にいろんなものが並んでいた。
何かの想いがカタチとなろうとしている。、そのカタチが想いをつたえている

なんだかどれからもいろんなエネルギーがあふれている気がして
面白かった。 ひとりでひとつひとつ作品みながらニタニタしてしまった。、、


製作

開始。・・・が、しかし、、あれがない、これがない。それもない、あれどこだっけ。。
と、始まらない。いきあたりばったり。
でもそれが普通のながれ、。その中からも工夫や、想像からひらめきがうまれている。
作ってゆく過程ではそれらはとても必要な時間なのかもしれない
こころに余裕と ぼーっとしながらも頭はテコテコと回転
楽しみながら 想像しなからの創造
色をつけてみたり、くだいてみたり、穴をあけてみたりと
とりとめのない話もしながら 完成へと続く道。


蝋燭

静かに火を灯し続け やわらかい光の世界へと誘う
不思議なチカラ 空間
完成。
なにかをつくりあげたといぅ喜びもまた懐かしい。
夢中になってつくった。 いろんなこと想いながら。
ワクワクしながら。 


想像力

結局21時過ぎから0時までお世話になって
帰り、いとこの家によってハーブティーをいただいた
ロウソクのゆらゆらした火をみていると心が落ち着くのはどうしてだろう。
つくる人をまえにして なんだか大きなものを感じた。

彼ら、彼女らは無限の広がりの中へ身を投じ
自分のカタチや音を探し求める。
ひと粒の空気や かすかな音 に心をゆらす。
繊細さの中に大きさを感じた。


本当にいい時間だった。 ありがとう つくる人たち
b0070043_22222430.jpg

[PR]
by sora-arukumono | 2006-06-16 22:44 | 日記
想いと時間と繋がりと
人の気持ちや感情、
何かを形成している流れやなんか
それらを繋いでいる、それらから出てくるタイミング、瞬間。

そんなものが合わさって出てくるものが時間
なのかもしんない。

時間という歯車に
自分の感情や想いが合わさって、
その想いや感情に繋がるものが引き出される。表にでてくる。

それがその時間となる。

すべては自分が選んでいるのじゃないのか。。なぁ。
と、おもったりするんです。
ときどき。


でもそーやって思えるときはたまーにで。
目の前のことを片っ端から片付けているときや、
思考回路が現実世界の中に埋もれてしまっているときなどは
全く考えず、 時をすごしてしまいます。

それもまた幸せなのだけどね。

だから何がよくて 何がわるいこともない
たまーに自分をみつめる。


そんくらいがちょうどいい。


そーいえば今日は さむらいぶるー 初戦。
想いよ届け。

[PR]
by sora-arukumono | 2006-06-12 10:36 | 呟き
春の朝

b0070043_10164580.jpg

朝日には

とてもたくさんのチカラがあるんだと


ばぁちゃんがいっていた


朝一番のひかり

[PR]
by sora-arukumono | 2006-06-08 10:18 | 日記
なんかのバトン
すぎさんから回ってきやした。

1)回してくれた方の印象をどうぞ
  ⇒すぎさん
  お腹が。。 なんて。
  なんでしょー。。穏やかな方。
  物事を冷静に見定める広い視野をお持ちの方かと。
  いろんな情報に精通している頼れる方。
  あれ?ほめ過ぎた?笑

2)周りから見た自分はどんな子だと思われていますか?
  5つ述べてください。
  ⇒中性
   つかみどころがない
   アウトドアっこ
   器用貧乏
   まわりにはいない
         
3)自分の好きな人間性について5つ述べてください。
  ⇒考えるチカラをもった人
   気づくことのできる人
   気配りのできる人
   客観的にみれる人
   自分に素直な人

4)では反対に嫌いなタイプは?5つ
  ⇒己の大きい人
   考えない人
   言い訳をする人
   いろんな意味でいやらしい人   
   他人のせいにする人
  
5)自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか?
  ⇒受け入れる心の大きな人になりたぃ
   
6)自分の事を慕ってくれる人に叫んでください。
  ⇒何も考えなくていーっしょ。 遠慮なくまっすぐこようよ! 笑

7)そんな大好きな人にバトンタッチ5名!(一言つき)
  ヨーコ さん
   またまたよろしくですよー。笑
   朝方の空気の中、気ままにいこぅさね。ゆるりと。
  d さん
   はいはい。溜まるよバトン。投げるよバトン。ドンドンドンドン
   がんばってこー。 長瀞であおー。 笑
  Love さん
   またまたお願いいたしやすー。いつもメンバーきまちゃってんなぁ。。
   なぜかいつも覗きにいってしまうんさ。和みに。笑
   よろしく
  ルル さん
   毎度毎度お世話になっとります。不思議なつながりだよね。
   なんかチカラもってると想うんだよねー。あなた様。笑
  natsumiki さん
   なんだか今は似た?状況???
   よかったらさくっとやってみてくださいなぁー。
   また飲みいこーさなぁー。
[PR]
by sora-arukumono | 2006-06-06 23:13 | バトン
Caravan
Caravanの歌をききにいってきた。

一言でいうならばなんだろう。。 波かなぁ。

大きな波、小さな波
それは音波であったり気持ちや心の波動であったり
光でもあり、時間を流れる波でもある
知らぬ間に引き込まれ、大波に飲まれる。
そぅかと思えば波打ち際でさよさよと足を心地よく通り抜ける

そんな感じ。

時間という枠があるならば
その枠の中で悠久の流れを感じるような。
枠の中がそのまま空間となり、無限となる。

ほとんどライブに行かないオイラだけども
とても心地よい時間をすごさせてもらった。

そしてCaravanも言っていた 時間という不思議さ、。
宇宙からみればほんとに一瞬の時間。
でもその数多なる時間の流れ、空間の中でココへ出会う不思議さ。

なんでこんな風に考えてしまうんだ、、
これもまた不思議。、。

Caravanの空気。雰囲気。その仲間たちのそれら。
どくとく。

彼らの音の中にいながらも他のことを考えたりもしていた。
ただぼーっと。。
これまでの自分とかこれからの自分とか
今のじぶんの状況とか、まわりの友人のこととか。 いろいろ。 笑

空をみあげたりもした。
まわりの人たちをみまわしたりもした。
光をおいかけて音の波にカラダをあずけて
b0070043_0255416.jpg

思えばその場所にいたのも不思議な感じ。
日比谷野音の存在を知ったのは前日の夜だった。
チケットを手に入れられることが確実となったのは当日の朝方だった。
チケットを受け取った番号は A4-8 
好きな数字 4 とその倍数 8  僕にとっては意味のある数字なのだ。

そんな不思議さの中。
今一番好んでいる曲 Wagon から始まり
聴き始めたときからずっと一番に好きな曲 Feed Back で終わった

きっとその日いたすべての人がなにかしらを感じ考えたのだと想う。
いろんな人の日記を mixi でみたけれど
みんながみんなそれぞれの時間を枠の中ですごして、感じていたのだと想う。
そんな時空間をつくりだすCaravanといぅ存在はなんだか懐かしくもあった。


またいつかその空気を吸いに、波を感じに行きたいとおもった。

繋がってゆけたらいいな とおもった。

ただ一つ
[PR]
by sora-arukumono | 2006-06-06 00:27 | 日記
つぁーはん
果敢にチャレンジ

納豆つぁーはん


火力を求めてばぁちゃん家に乗り込み
納豆、米、漬物、いんげんを奪取。

フライパンにオリーブオイルなんぞひいてみて、
やってみたさね。

火にかけると思いのほか納豆君の匂いが強烈になったのは気のせいか?

どーなんでしょー。

ちょっと味付けにしょうゆを気持ちいれてみて。
いためてみました。、。
b0070043_23185936.jpg

んー。。。 
正解の作り方ってのはあるのかないのか、、

一口。

微妙な感じ。。
で、 おかか をふりかけて、漬物も一緒に混ぜて食べてみました。

うん。 ありあり。

今度はもっと緑のものをいれてみましょー。 ネギとか。
で、、ワインとか入れたらどーなんだろー。。かとちょっと思ったんです。

でもぺロっとたいらげてしまいました。
ご馳走様でした。
[PR]
by sora-arukumono | 2006-06-01 23:22 | 日記