気ままにつぶやき ゆるりとフラフラと 空を歩く    
by sora-arukumono
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
検索
ライフログ
以前の記事
<   2007年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ビルの上から
b0070043_11565882.jpg

おはよーさん

すげーねー 人間て


大地をたべつくした


いつかまた戻るのだろぅne


・・・本来のすがたに
[PR]
by sora-arukumono | 2007-10-22 11:56 | 携帯
sora
b0070043_0453088.jpg

なんだか久しぶりにあおぞらが広がったきがして

ドアを開けると朝日がまぶしかった


自転車にのってゆく駅までの道に


ほんの少しの時間だけど

高い建物が途切れる空間がある


ぼーっとながめながらのよそみ運転


なんだかココロを少し紐解いてくれるよーに

ゆとりをくれる  現時逃避のかけらも少しだけ


なんだか気持が空へとむいて、

とかれた ココロ ひろがったようにも感じたりする



夜になって

夜風と共に家へと帰る先には


オリオンがキラキラと輝いていたりして


星のひかりの不思議さを思ったり

遠くはなれた記憶がよみがえってくる


泣きたくなるような星空を眺め

朝焼けをみながら一日をむかえたい



そんなことを はじめと おわりに 感じた よき一日でした



ではまた
[PR]
by sora-arukumono | 2007-10-21 00:52 | 日記
ベランダ
今日は久々の? お休み。

長瀞での予定はなくなったので
ゆっくりと休ませていただきました。

一応5時に目覚ましかけて、ゆこうかとも思ったのだけど、
気がついたら9時をまわっていて、
またまたそのまま眠りにはいってしまったのです。

部屋の掃除をしたり、
のんびりのんびり。

夕方からはこれも久々?実家へ。
台湾から一時帰国している妹と姪っ子、父と母、風さん。


思えば何ヶ月ぶりの家族食事。

温かいご飯 と お味噌汁 
みんな顔を合わせて、手を合わせてのいただきます。乾杯。

なによりのご馳走ですね。


お箸がすすむすすむ。
おなかいっぱいなのに 食べまくりでした。


食事を終え、 姪っ子は母親が一緒にねかせてくれました。


妹とベランダへ。 ぼーーっと ガラムに火をつけて
ぼーーーーっと。 話しをしていました。

実家から眺める風景は本当にひさしぶりで、
見ている景色はそれほど変わりはないのだけれど、
その月日をかんがえてみるととても不思議。

20の誕生日このベランダから日の出の写真をとったり、
父と大晦日に掃除をしたり、
下にみえる場所に車をとめていたり、

いろいろな頃の思い出があるのだけれど
そのどれもが昔のことで、 でも今の自分と重なって、
瞬間 何人もの自分が一緒に存在したりして。。

家族4人で暮らしていた部屋は、
一人ぬけ、二人抜け、
そして一人加わり、 今またここに在る。


・・。

戻れる場所が同じところにあるということは
どんなにか幸せなことなのだろう と 思ってみたり、


また数日後 妹はまた 旅に出る。

周りが思っている以上に不安はあるのだろうけれど
周りが思っている以上に妹はやりとげるのだろう。


でもまた どれだけ期間が開こうとも
こうしてベランダで語れる時間がやってくるのだろう

そんなことを感じた時間でした。


ではおやすみなさい。
[PR]
by sora-arukumono | 2007-10-15 00:24 | 日記
自分に自信をもつということ


自分を知ることなのだと思う。

自分がどんだけなのか、 を 知ることなのではないか と 思う


自分に自信をもてない
ヒトをみて自分に足りないものを感じ
自信をもてなくなってしまったり すること は

実は 自分を過大評価しているんじゃないかって。

だってば、

足りないと感じているところが今の自分に欠けている部分で
足りないピースが埋まっている状態が本当の自分と思っているから


足りないと感じた部分 は 
今の自分にはないものなのだから。

欠けているんではなくて

今の自分につけたして 自分をより大きくするものなのだから
自信をなくすなんて とんでもない話で。

よろこんでくわえてあげられることができるはずなんだよね
本来は。


ま、これもまた考え方なんだろーけれど。


自信をなくすまえに 自分をしっかりとみてみてさ
その自分を認めてあげて、
どんどんと 加えていってあげられたら。

きっと自分もここちよく、なるんじゃないかな。


ではではおやすみなさい
[PR]
by sora-arukumono | 2007-10-11 00:02 | 呟き
宣言
長瀞からはなれること と します

理由は特にない。 こともないのだけど。、。

カヤックや、川からははなれずにゆくのだろうけれど、
違う川を ちがう川へ  漂いにゆこうかと。


何処でけじめをつけるのか
どうしたら自分の意思に区切りをつけられるのか

その 決断 をするために何かの きっかけ や 兆し のよぅなものがほしいのだけど、

どうやら待っていても 長瀞へ とひきこまれてしまうよーでして、


よくはわからないのだけど

ここで 宣言 してみて、 区切りとできるよぅにと。


ただなんとなく。、なんとなくね。


来週の日曜日。 区切り とします。 お疲れ様 とします。


後押しをしてくれた ソウルメイト に感謝します。


ではまた。
[PR]
by sora-arukumono | 2007-10-09 22:20 | 雑記
思考回路
よく

なんで自分は こう するのに 相手はしてくれないんだろう?
とか
自分は こんなこと 絶対しないのに なんでできるんだろう。またはできないんだろう?
とかとか

って思ったりするんだけど


ちょっと冷静になって考えてみると
相手は自分じゃないのだし、 自分と同じ思考回路なわけではない。

相手には相手の思考回路があって
導き出す答えが一緒でもそこまでの道筋はちがっていたり、
求める答えが全く違っていることだってある。

それはよくもわるくも どっちにもとれるけど。


自分を貫き通すことも大切で、
相手をたててあげることもまた 大切。


ただ、相手にとってどれがよくて、 どんなことが悪いのか 

なんて考えてみても

所詮それは自分の思考回路でしかなくて
そこから導き出される答えもまた自分の答えでしかない。

だからといって 何もしないのでは仕方ないので
自分なりに少しでもよかれと思う方向へすすんでみる。

すすむために とまってみたり
とどまるために すすんでみたり


いろいろと。


自分ができること、すること、していること は
育ってきた環境 感じ方 考え方 によってできあがるもので

実際に相手と腹をわって話さない限りはわかりえない領域であると感じるのだ


そぅ。
そんな風に考えていると 本 や テレビ や 雑誌 なんかよりも
たくさんの人と話し、接することは 何よりもよき時間となるのではないか と
そんな風に思う。

AI 自分で考えるチカラ をもった ヒト と たくさんに接して大きくなる といいな。ね。
[PR]
by sora-arukumono | 2007-10-04 00:34 | 呟き
秋風
最近はようやっと涼しくなってきた

冬の訪れ

嬉しくもあり、なにか哀しくもある。
人肌恋しくもなり、 何かぬくもりあるものを欲す
なにかにすがりたい気持にもなる

嫌いじゃないけどね。 冬。

この冬になる前の季節は、、なんとも、、。ねぇ。


でもこの秋風はいろんなものを運んできた
台湾からは妹と旦那とその子供と
花の香りも少し。笑

ただそれらは無常にもまた遠くへと運んで行く。
旦那は明日 また 台湾へ
いとこの兄は 4日にアメリカへ

従姉妹たちはみな お嫁さんとなる、


 ち は違えど同じ時間を共にすごしているということ
それは奇跡に近いことなのだろぅ。
今あるこの 時 の中に、 互いの存在を知り 在る ということ
なによりも心強いことなのだろぅ。

僕の助けなんていらないだろうけど
僕じゃ助けとならんだろぅけど

みなの存在は僕の助けとなる


本当にありがとう そして頑張って!
張り詰めすぎないよーに 適度に心地よい時空間の中で
愉しい時間をすごしてくださいな。

T2 共によき風を
[PR]
by sora-arukumono | 2007-10-01 23:58 | 呟き
いとこ結婚
写真は後でのせるとして

とにもかくにも おめでとう と よかったね と ありがとう 


またみんなの笑顔にあえて、

ひさしぶりの再会に歓喜して、

新たなる仲間に感謝して、


嬉しい空気 雰囲気 和み和らぐ。


新潟から、広島から、群馬から 和歌山から
アメリカから そして台湾から

集える嬉しさ 集える喜び


本当に幸せな時間だった。

ありがとう  と  おめでとう  それだけでいっぱい。 笑 
[PR]
by sora-arukumono | 2007-10-01 23:33 | 日記
いつものことながら
Caravan

いやぁ、、ちょっと見るつもりで
DVDを再生したはいいものの。。
他になにもできないっつーの。 みちゃいますよ。 そりゃー。。

寒空の下 傘差したのを思い出したり、
会館の空気や映画のようなはじまりにまたココロ踊る

なんでこんなにも ゆるく いー感じなのだろぉーねー。

b0070043_232247100.jpg

[PR]
by sora-arukumono | 2007-10-01 23:22 | オススメ