気ままにつぶやき ゆるりとフラフラと 空を歩く    
by sora-arukumono
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
検索
ライフログ
以前の記事
<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
久々な粒
b0070043_1324028.jpg

先日の休みにソファーを衝動買い。


届けられる前に部屋を掃除。 整理整頓


受け入れ体制整って
我が家に新たな仲間入り。

そんなときに久々の粒

虹の粒


誰もいない部屋の中
いつもこうしてゆらめいているんだなぁ…


なんて 思ってみたりして


久しぶりにゆっくりとした時間を感じていました。



大切だね。 そんな時間
[PR]
by sora-arukumono | 2008-06-18 13:02 | 携帯
そらの書  七   - 和とするために -
1対1で話をする場合と
2人以上相手とする場合では 少々接し方も違う 気もする。

同じようなところもあるだろうけれども

1対1であればその人だけに意識を向けられるので
態度や表情、言葉遣い、ちょっとした動作や変化などを みて感じることができる
じーーーーーっと みていられる。 直接てきではないにしても。

二人の場合は その二人の関係性がまずあって、
同姓なのか、友達なのか、カップルなのか、夫婦なのか。。。

それぞれの関係性+性格 も関係してくるように想う。

しゃべりたがりさんなのか、人見知りするタイプなのか、などなどなどなど。

同姓の場合はわりかしどのようにでもいける気もするけれど
異性の場合はわりかし気をつけます。

まずはオレは男なもんなので 男に話しかけます。
女の子に質問があっても、 まず男の人に話をふって、 男の人に聞いてもらう。

そぅ。 わざわざ。

彼氏彼女の関係でも、夫婦であってもそれはよっぽどのことがない限りする。 今でも。

男の人を飛び越えて女の人から話が返ってきたら
そのときの男の人の反応をうかがいつつ 話しをする。
直接のやりとりに やきもち をやく人もいるだろうし、 おもしろくない と思う人もいる。
全然気にしない人も、 むしろそっちで話しをしてくれ という人もいる。
いろいろだけど、。

そーしたほうがうまい 気がするんだよね。

男と敵対せずに(大抵敵対することはないけれど)3人仲良くなれる時間が早い。 うん。


数人の場合には、その中のターゲットをきめる。
突っ込まれやすい人 や いじられてそうな人を探す。

そーすることで 一緒につっこみ、いじる。
自然と周りと一緒になれる。

いじる人とはもちろんコミュニケーションつくれるわけだし
周りともいじりながらコミュニケーション。

いじりやくの人にもつっこんでみたりして。


なーんて感じで、 和 つくる、。
[PR]
by sora-arukumono | 2008-06-16 00:33 | そらの書
進む道
まだまだ覚悟も気合も足りないようで。

先ゆく道が自分の中で決まらないものだから
決めていないものだから

先もおぼろとなるし、 まわりまわって そんな風にしかまわってこない。


全ては自分だ。


そぅ想いながらも。。。 またひとつ。 そんな事実がでてくるし。



北海道もその一つ。

サミットがおこなわれる地。


そこへ入ることも入らないことも任せきり。

その結果。


それは今ある状況がおこすもの。 

望んでいたわけでも、望まないわけでもない。

その結果。 それが結果。


ヒトのせいにはいくらでもできる。

そこからは何も生まれない。


わかっちゃいるが、 つい逃げたくもなっちまうやね。


ま、 




がんばってこ。
[PR]
by sora-arukumono | 2008-06-07 00:13 | 日記
夢うつつ。。 妄想な考え。
5時半起床。 久しぶりに早い時間。
やはり朝の空気は気持がいい。

電車の中ではさすがに眠たくて
うとうとしながら考えた。


2次元。 3次元。 4次元。 5次元??


想像したことありますか?

平面から、立体へ。 3次元。

そこに 時間軸 のようなものが入り込んだのが4次元??


空間 という 一点。 そこに流れ込む時間。 多数。 

今という 時空間 が4次元だとしたら そこに留まることもできるのだろうか。。


なんて。


いつも聴いている Caravan 
なぜかそのときはテンポが速く感じて、
気のせいなんだろうけれど、自分の意識が遅れているような感覚。

自分の意識時間があるとするならば、

時間の流れが遅くなったり早くなったりすることはあるのかもしれない。
そぅ感じることは本当にあるのかもしれない。


そう 意識。

目を閉じてカラダの細部へと意識をむける。

指先、頭、のど下、 おなかの奥。 手の中。
意識がむけられると その場所の細胞が応えてくれる。


いい食べ物を口にすると カラダにしみこむように。
細胞がザワザワと騒ぎ出すように。


そんな感覚。 そうさせる意識。



・・・。何言ってんだろね。。・・

眠くなってきたので つづきがあったならまた今度。


おやすみー
[PR]
by sora-arukumono | 2008-06-04 00:34 | 呟き