気ままにつぶやき ゆるりとフラフラと 空を歩く    
by sora-arukumono
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
検索
ライフログ
以前の記事
<   2009年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
夢にでるひと
気がつけばもうすぐ2月。
昨年末から年始、月末と、とても早く感じた。

先日は新年になってから初めて仏様に手を合わせて来た。
じぃちゃん や ばぁちゃん のいるところ。

空気がおどろくほどに軽くて、澄んでいて、心地よい場所。

二人の写真からはまだまだよき 波 を感じます。

そんなじぃちゃん、ばぁちゃん は
ときどき夢の中にあらわれてくれます。

そんなときは決まってなにかのメッセージのはずなのだけれど。
何かはわからないことが多いです。

でも、 何かの転機や、気づけよ!なサインのことが多い気がします。

車を買って、モノをさばいて、新たな仲間たちがくわわった

部屋を掃除すると、空気が入れ替わってくるのと同じように、
何かを整理すると 何かが入り込んで来てくれる。

お気に入りの服も、 大事にしてくれそうな人が買ってくれたし、
ずっと使っていたコンポももらってくれた人がいた。


来期から、 あらたな流れがはじまる気がしている。。

不安いっぱい。 期待もいっぱい。


そらあるくもの 


未知なるモノへの探究心をわすれずに、
新たな境地でこそ 真価 とわれ、 自分磨ける環境となる。


今のいままで ひたすらがむしゃらに 動いたことはない気がする。。


そんな衝動や、環境へのうらやましさがあったのは本音で、
そんな流れを起こさずに、平たくしていた自分をしっている。


ちから ためて。 踏み出す そのとき。 ちかい。 ちかい。 ちかい。
[PR]
by sora-arukumono | 2009-01-31 00:37 | 呟き
好きな数字
は 16 です。
4 も好きなのです。

4が4っつかさなった数 は 16 ですので 

やっぱり 16 がすきです。

2 もすきです。 2が二つ で 4 

11月2日 生まれなので 好きなのもありますけれど、。

112 は 全部足すと 4 になるので 好きな日です。


電車の車両や、扉に 4 がついているとうれしくて、

自動改札抜けるときには 4 や 8 や 16 やらに向かいます。


銀行のキャッシュコーナーでも その辺りを目指します。


自分にとっての ラッキーナンバー だと 思っているのです。


そんな雑記。


好きな数字ありますか?
[PR]
by sora-arukumono | 2009-01-29 23:47 | 雑記
世の中


おかしいのか


僕の 思考 が おかしいのか


ときどき深くに潜ると でてくる疑問。 ま。 答えはないんですがね。



モノにみたされ、 時間にみたされぬ。


周りと同化し、 安心と勘違いをする。


大きなうねりのなかで、濁流と化した泥水の流れの中で


緩やかに流れる 澄んだ支流に目を向ける人がどれだけいるだろうか。


流れの源である 一滴 その心や気持ちを どれだけの人が思い出せるだろうか


僕にも とても難しい。


濁流の中で 今 を 泳がなくてはいけないのだから。

流されぬよう、 飲み込まれぬようにもがき、 でも流され、。

そのうち、その流れが 清流 とうつるようになる。


その流れの中に 大きなフネを浮かべて、 立派な船長になったように。
なれるように。 なった気持ちに なる。。。


支流で遊ぶ人を笑い、 流れの 大きさ を 比較とする。


僕は今 どこへ 向かわねばならぬのか。

そんな疑問も抱いてはいけない 時間 なのかもしれない。 流れ なのかもしれない。


わかっている。


澄んだ支流 を 本流 とできるように。

火と水とを 合わせられるように。

対極する感情や、事柄を 合わせられるように。


進んでいかねばならぬことに。



そら高く。 泳げる翼を背に携え。 心かるく。 
[PR]
by sora-arukumono | 2009-01-27 23:57 | 雑記
見上げた空
駅を降りた

会社へと向かう道

橋を渡り 人の波をぬける


空は淡く うすく しずかにひろがる。 そんな蒼


冬の空にありそうな、 暗い感じの雲もひろがる


陽はでているものの 風はつめたく でも やさしく 吹いていた


なぜだか 従弟 を思い出した。 

彼もこんな風にそらをみあげているのだろぅか。。


カメラを手に歩いている人がいた

遠くの景色をスケッチしている人がいた


この向かう先には何が待っているのか、

どこか遠くで感じていたのかもしれない


ヘッドフォンをはずすと 静かな空気の流れが抜けていく


一つ 大きく息を吐いて


思考をすこし はずす。


そしてまたそらを見上げてみた。


そんな時間がたまらなく新鮮で、 同時に懐かしくもあって、


なぜだか 少し 寂しくもなった。



見上げた空に いってくるよ と声をかけ。


一歩 ふみこんでゆく そんな気がした。
[PR]
by sora-arukumono | 2009-01-24 10:04 | 日記
おはようございます。。。
さて、、、。 今日は休日。

休み。 で、 5時起き。 なんで??


ゴルフいくわけではありません。

サーフィンいくわけでもありません。

スノボーにいくわけでもありません。


できることならば眠りたかった。

すやすやと。


けど、目覚まし時計が鳴り止みません。

止めることができないのです。。


だってば、どこかでなっているんですもの。

30分くらい。


昔、朝のリレー という詩を覚えた記憶があります。


どこか遠くで目覚まし時計のベルがなっている。。。。 


なんてフレーズ。

実際には、とても心地よいものとは思えませんでした。。。


引っ越しをしたい と。 切実に思った朝でした。

せっかく起きたのだから、限界まで動いてやるぞ。


おー。
[PR]
by sora-arukumono | 2009-01-24 05:49 | 日記
ない ところから
さてさて 長い休暇も終わり、
また仕事の日々がはじまります。

休日を海や雪山で過ごし、
心地よい友人達と共に楽しみました。

やっぱりカラダ動かすんは好きなようです、。

身体の隅々へと 意識 をめぐらせてゆく感覚。

一点であったり、 部分であったり、 全体であったり、
意識を集中させるときには、細胞細胞へと思考を繋げる。
そんな感覚。

やっぱり好きです。

なかなか難しいことではあるのだけれど、
少しずつ。 少しずつ。

サーフィンであれ、スノボーであれ、ゴルフであれ、ダーツであれ、

やる種目は違えど、することはおんなじ。
身体との対話。 意識。 

昨年末から動き出した サーフィン
感覚からすると、自然との対話が一番必要なもののような気がする。
スポーツ といったくくりではなく。 ちがう繋がり。 ちがう何か。

ほとんど生身の身体で 自然の中にはいりこむ、
一枚の板 が  人 と 自然 との間を橋渡しし、

呼吸に合わせて 呼吸を合わせる。 そんな感覚。

何もない ところから 一つ。 板 という道具をいれただけの。


波乗り。


たった一つ。 それだけ。 だからこそ面白いのかもしれない。
[PR]
by sora-arukumono | 2009-01-15 01:03 | 日記
ある
車がある
バイクがある
部屋がある
眠る場所がある
食べ物がある
洋服があって
靴がある
遊びにいく道具がある

ある ある ある ある

好きなことができる時間があって

それらすべてを選べる自由がある


ただ、


還るところは一緒で

向かうところも一緒なのだとも感じる。


ありふれた日常の中

あふれた物の中


それらの中から 抜け出すこと みつけること 見失わないこと
そんなことたちが 一番大切 なこと
[PR]
by sora-arukumono | 2009-01-13 23:29 | 雑記
ドライブ
b0070043_0113625.jpg


雨でもへっちゃら
寒さもへっちゃら

車の中の空間ってすげーなーって。
改めて感じました。

どこへ行くわけでもなし。
どこへ行かないわけでもなし。

ふらふらと 気ままに 思いのままに

流れる音楽にみみをかたむけながら

行き交うヘッドライトの光に ぼーっとみとれながら


エンジンの音にも耳をかたむけながら。


なぜだか何も考えず、 ただただ時間の流れの中へと潜りこんで


心地よい時間でした。
[PR]
by sora-arukumono | 2009-01-10 00:11 | 日記
謹賀新年
なのですが、
年が明けたという感覚は 年々なくなっているのが事実で、


歳をとったせいなのかな? なんて思ってみたりしてみる。。。


12月から1月へ 2008年から2009年へ

全くそんな感覚がありません。

!!

もしかすると、感覚はいまの暦を受け入れていないのかも!
なんて思ってみたりもする。


昔教えてもらった グレゴリオ暦 意味、真意。

カタチのはなし。 色の話。


時間の流れというものの真意を 身体のどこかで感じとっているのかもしれない。


なんて、

そんな風にも思ってみたりして。

まぁ、なにはともあれ、 大半をしめるグレゴリオ暦での新年。

なにかのきっかけでもありますよう。


よき時間と よき風を 心地よい流れを。
[PR]
by sora-arukumono | 2009-01-03 08:46 | 日記