気ままにつぶやき ゆるりとフラフラと 空を歩く    
by sora-arukumono
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
検索
ライフログ
以前の記事
<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
あい
愛。

ときどき ふと 感じることがあります。 たまにですけどね。


この時期になると 当たり前のように 

愛 感じますね。


あい って ば なんなんでしょーかね。


いろいろな カタチ あるとおもうのですがね。


でも、なんだか、そのときは気がつかないことが多いと思うのです。

でも、時間がたったり、遠くからながめたりすると。

あぁ。これだったんだな。 あれだったんだな。 あいって。それなんだな。 と


感じずにはいられないことが 多い 気がします。



10月から1月にかけて 親族の誕生日ラッシュ続きます。


僕の親、兄弟、従弟達。その子供達。


それぞれの誕生日の朝。 きまって電話が鳴りました。


毎年毎年。 きっと それぞれの家の電話が鳴っていたのだと思います。


義務でやっているわけでも、義理でやっているわけでもなく。



ただ おめでとう の 一言。 


そのときには ただ、ありがとう。 と。 言葉にしていたものの

おめでとうの本当の意味まで理解していなかったのかもしれません。

ありがとうの本当の意味をいしきしていなかったのかもしれません。



今になって思うのです。

生まれてきたその日を覚えてくれている人がいるということ。
どんなにありがたいことで、どんなに あい があるのだろう ということ。

その人の心の大きさ。 愛の深さ。

きっと今でも。 声はきこえなくとも。 言霊はとどいているのだと


そう 感じます。


それも 愛 なのだと。 そう思います。



そんな 愛 を伝えられる人に。 そう願います。
[PR]
by sora-arukumono | 2009-10-30 00:24 | 呟き
ガイア
人の思想 人の思考

考え、想い。

念ずる、祈るチカラ。


それらが地球にあたえる影響は

環境的にあたえる物理的影響よりも


はるかに大きいのではないだろぅか。


カタチをおいもとめるよりも、まず。

意識や意思なる
カタチをつくるための原動力を大きく。


そのための カタチ


それが大切。


と、思ってみた。
[PR]
by sora-arukumono | 2009-10-27 10:24 | 携帯
よるのさむさにうかぶおもい
アメリカの地に住む従兄をおもう

台湾の地に住むツインソウルをおもう

山口にいる従弟をおもう


なぜだろー。遠くにはなれる人達をつよくおもう。


そのひとらしく時間をすごしているのだろーかと。

そのひとらしく いきて いるだろーかと。


つらきときがあろーとも

だいじょうぶ だいじょうぶ 


みんないるさと。 みんないっしょだと。


ひとりではない。 つながっていると。



わかっているひとがいる。 わかってくれるひとがいる。

そんなつながりがあるということ。



そんなに心強いことはないはずさ。


わすれそうなときもあるけれど、 わすれていることもあるだろうけれど


ふとしたときには いつもそこにあることに気づけるだろうと。


だから だいじょうぶ だと。 そういえる。 つたわる。 つたえられる。



それは みんなに いえること。 

北の大地にも。 南の島にも。 空の上にも。 他の世界にも。
[PR]
by sora-arukumono | 2009-10-06 21:36 | 呟き
昨日。

ちかくの神社で祭りがやっていました。

夜空には丸く輝く月が浮かんでいて、


すっかり秋になってきた夜風にふかれながら。

遠くから聞こえる太鼓の音にひきつけられて、


屋台の並ぶ狭い道をぬけて、。


あんずアメ なんかたべたりして、


b0070043_2130374.jpg


きんきょすくい になんてちょうせんしてみたりして。。

b0070043_21291266.jpg



久しぶりに持ち歩いたカメラを片手に、



ふらふらと 夜の散歩。





たまにはいーもんです。


b0070043_21305112.jpg

[PR]
by sora-arukumono | 2009-10-05 21:31 | 日記