気ままにつぶやき ゆるりとフラフラと 空を歩く    
by sora-arukumono
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
検索
ライフログ
以前の記事
<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
太陽
数日部屋にこもりきり。

こんなにもゆっくりと時間をつかったのはどのくらいぶりだろうか。。


最初のうちは熱にやられて思考もとまっていたけれど、

少し余裕が出てくるといろいろなことが頭をよぎる。


雨の音をききながら 川の水を想ったり、
冬の寒さの不思議さを想ったり、

久しぶりに部屋全体に広がる 虹の粒 をながめ、

陽の光のあたたかさに とても 感動している。


ふと考えてみると、 一日、陽の光の入らない場所で動いているんですもの。

陽の光をあびていないのだもの。 健康でなくなる理由の一つであるなぁ。。

なんても 想う。


太陽を想う と いつものようにばぁちゃんを想う。


そーいえば、夢にばぁちゃんがでてきて、僕は聞いたんでした。

”ばぁちゃんは何をするために生まれてきたのかと。”

答えは、、。聞けなかったなぁ。そーいえば。


それを知ってしまうということは、あるいみ区切りなのかもしれないし、
スタートでもあり、ゴールでもあるような気がする。

今活きているということ。 

陽の光があたたかいと感じられること。

とても大きなチカラを毎日毎日そそいでくれているのに。
それを遮られた場所で、
何を一生懸命しているのだろうかしら。。

なんて想ってみたりもして


今浴びている光 は 昔 和歌山のとある家で浴びた光に似ている。

静かで、 あたたかくて、 おおきい。


そんな心境がそう感じさせるのか、。


引き出しが ひとつ。 またひらいた。

そんな気がしました。
[PR]
by sora-arukumono | 2009-12-06 14:32 | 呟き
新型
インフルエンザにかかりました。

えぇ。 僕自身びっくりです。

だって、かからない根拠のない自信あったのですから。、。


一応社会に属しておりますので、
仕事してる最中に風邪だなぁ、、って。だんだんダルくなってきたので、。
こりゃー少し熱でてきたなぁーって。

仕事終えて、こりゃ、完璧に風邪引いたなぁーって。。

ま、一応インフルエンザ診断してもらおーかと。


そんな軽い感じだったんです。


診療所の方々と話をして、


大丈夫ですか?熱ありますか? 
 と、きかれたもんだから、

んーー。。 多分あるとおもうんですけどねー。
 って。

熱が高くないとインフルエンザであってもその反応が出ない場合があるというので

明日の朝までまって、確実に熱があるとき方がいいですよ?でも熱だけ測ってみましょう。
 と、いうことで、熱を測ってみることにしました。

1分もかからなかったろーに。
ピピピピピって。

何度ですか? 

・・・。 38.0℃でした。

診療所の人達は、慌てておりました。
そんなに熱があるようには見えなかったのだろー。
ま、自分自身そんなにあるとは思っていなかったし。


んで、診断。 

その結果もまた早かった。

あかるいお医者さん。

はい!インフルエンザ確定ですね!
新型です!
間違いないですね!! 

って。

なぜか、

あ、ありがとうございます、、、。 って。 言ってしまいました。


あー、。、、 世間一般の流行にのせられた自分が不甲斐ないです。

熱のつらさとかよりも そっちのが痛い。。 かった。
その日の晩までは。。

薬をもらって、マスクして。

帰路の途中。 身体がどんどんだるくなってきて、節々がどんどん痛くなってきた。

駅から家までの15分の道のりがこんなにも長く感じたのは初めてで、
歩いても歩いても家が近づいてきませんでした。。


えー。

ぼくは  薬  大嫌い です。


もらうときにも、 これから処方する薬をのめばすぐによくなりますよ。
びっくりするくらいよくなりますからね、 すぐに飲み始めてくださいね!

って言われたもんだから。

そんなにすぐによくなるっつーんは それだけ強力なわけで、 
それだけ本来は身体によくないもんなんじゃろーがーー がおーーー! っつーふーに

ひねくれたわけで。


食事を作る気力もなく、睡眠とって、明日の朝食べててから薬飲もうと考えたのです。
とっとと寝て、 気力と治癒力で治そうと考えた訳です。




甘かった。 す。


その夜。 寝始めてすぐに、 どしどし頭痛くなってくるし、
幻覚じゃないにしろ、夢か、なんなのか、 まぁ、高熱でうなされて、、
ねれたもんじゃないす。

いやーもーー。。 ほんと ひさびさに死ぬ思いでした。

これ、ほんとにやられる。 と、 熱だけでも下げねばと、。

慌てて 熱を下げる薬だけほおばりました。


しららば、ほんと見事に 熱 下がって、 ゆっくとはいかないにしても

ようやっと寝付くことができました。


まぁ、それからは 食事して薬飲んで、寝て、寝てねて。

薬ので、水水水水。 の繰り返し。



ようやっと回復。 熱下がってもまだ油断できぬらしく、

それがまた退屈で大変。


けれどまぁ、 大事にいたらなくてなによりです。


何事にも意味がある。 それもまたゆっくりと考え、 繋がりを考え、

これからに繋げていけるように。  


長々と失礼いたしました。
 
[PR]
by sora-arukumono | 2009-12-05 23:47 | 日記